2018年6月26日 木曽町の崖家造り

 濁河温泉から見る御嶽山の残雪。残りわずかなので、七月上旬には消えるだろう。残雪を何かの形(種まき爺さんとか)に見なすのは昔から良く行われているのだが、今年の残雪、「向かい合う猪と狼」に見えないだろうか。

 その残雪のすぐ下に、飛騨頂上へ向かってトラバースしている登山道が見える。2014年の噴火以来、最高峰の剣が峰(3067m)付近は規制区域になっていて行くことができない。その結果と言っては語弊があるが、濁河温泉を通過する小坂口からの御嶽登山が脚光を浴びている。

 木曽側で最もポピュラーな登山口である王滝口に比べると距離はやや長いが、勾配がなだらかで岩場もほとんどなく、初心者でもハイキング気分で登ることができる。飛騨頂上には五の池山荘があり、休憩や宿泊が可能だ。しかも五の池小屋を拠点にして四の池、三の池、継子岳、摩利支天山などを巡るコースをゆっくり楽しむことができる。

 ここで突然、御嶽山麓から木曽町へひとっ飛び。今回のメインテーマは、木曽町の木曽川沿いに見られる崖家(がけや)造りだ。

 河岸にせり出す形で建てられた民家群がこの規模で現存するのは、岐阜県の郡上市や群馬県の下仁田町にあるだけだという。昔はこの風景を水彩画に描いている旅行者をよく見かけたものだ。最近では足湯などもできたりして、まあ、木曽町では一、二を争う人気スポットだ。

 それにしても、この角度から見るとほとんど「ハウルの動く城」状態。川の上にせりだした様子はかなりの迫力だ。明治になってから本町通りに面した商店や旅館がスペースを確保するために床を木曽川の方に拡張したもので、もちろん現行の建築基準法には適合していない。

 写真の向かって右側が崖家造りの裏側になる。木曽町で一番の繁華街である「本町通り」の風景。ほとんどが商店で小さな旅館も何軒かある。道路と木曽川の間のわずか3メートル幅ほどの切り立った崖スペースに、床下に支えをした店が軒を並べているのだ。福島宿では中山道を通す場所が河岸しかなかったので、その道の両側に店や旅館を作ったのだ。

 写真の向かって左側も背後には崖が迫っており、その崖を穿って商店が並んでいる。以前このコーナーで紹介した「御嶽もなか」を作っているお菓子屋さんの「田ぐち」もそうした店の一つ(上の写真の中央付近)。もちろんお店の裏はすぐ崖である。

タイトルとURLをコピーしました