星空&宇宙

 今年は初雪が遅い。飛騨頂上や摩利支天山にはうっすらと積雪が見られるが、濁河温泉はご覧の通りまだ晩秋の気配。それでも朝の気温は零度を下回っているので、数日中にはここも一気に冬景色となるかもしれない。
 秋の空はどこまでも青く澄 ...

星空&宇宙

 夜空に輝く星(惑星を除く恒星)は、僕たち人間と同じように、生まれて、成長して、そして寿命が尽きると死んで行く。その終わり方は様々だ。
 静かにしぼんで行くか、あるいは華々しく大爆発するか。ちなみに星の場合、「寿命が尽きる」と ...

星空&宇宙

9月の新月:10日

 したがって21時頃に満天の星空が見られるのは9月3日~15日ごろ。

10月の新月:9日

 したがって21時頃に満天の星空が見られるのは10月2日~14日ごろ。

 中秋の名月は9月24日。ただし ...

星空&宇宙

 アンドロメダ銀河(M31)は、秋から冬にかけて見ておきたい天体の一つだ。実際に自分の目で見てから数字でいろいろと情報を示されると、宇宙空間の距離感というか、我々の脳味噌では実感するのがかなり難しい「スカスカ度」を、ちょっとだけでも感 ...

星空&宇宙

7月の新月:13日

 したがって21時頃に満天の星空が見られるのは7月6日~16日。

8月の新月:11日

 したがって21時頃に満天の星空が見られるのは8月4日~14日。

今年の夏の天文現象

 2018年の夏は、いろ ...

星空&宇宙

5月

 新月は15日: 21時頃に満天の星空が見られるのは8日から18日頃まで。
 月面の観望好機は20日~25日の数日間。

6月

 新月は14日: 21時頃に満天の星空が見られるのは7日から17日頃まで。
  ...

星空&宇宙

 これが4月18日にNASAが打ち上げた“TESS”衛星の想像図だ。TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)とは「トランジット法による太陽系外惑星の探査衛星」という意味。
 本体は ...

星空&宇宙

 今回は、木曽郡上松町にある東京大学の天文台を訪問。その前に、まずTAO計画について簡単に紹介しておこう。同じ東京大学の天文センターによるプロジェクトだからだ。

 東京大学の天文センターでは現在、他の大学や国立天文台などか ...

星空&宇宙

 夏と冬には3個の一等星による「大三角」が星座を探す目安となる。しかし春の場合は、北斗七星から延長した「春の大曲線」で星座を見つける方が分かりやすい。

 北斗七星のひしゃくの柄を延ばした先で明るいオレンジ色に光るのは、うし ...

星空&宇宙

 NASAの系外惑星探査衛星「ケプラー」。その本体は直径140センチの反射望遠鏡だが、系外惑星探査が目的であるため、写真撮影に使う「ハッブル宇宙望遠鏡」などと違って望遠鏡という名前は付いていない。9460万画素のCCDカメラに相当する ...