Essay

Essay

あきが二百五十八人

 小学三年生の「あき」にとって、雨の日曜日ほど期待はずれなものはない。だけど今朝はちょっと違うんだな。何か変わったことが起こりそうな、ムズムズするような予感がある。  お休みの日は決まって朝寝坊をしているお父さんが、なぜか今日は、朝か...